会社概要

​▶ 商号

​株式会社九州中央オートオークション

​▶ 本社所在地

​〒885-0006 宮崎県都城市吉尾町726番地2

​▶ 設立

​平成元年5月

​▶ 代表取締役

​大峰 高

​▶ 事業内容

​中古自動車のオークション運営

​▶ 運営会場

KCAA福岡、KCAA南九州、KCAA山口、京都AA

 KCAAグループ会員の皆様、自動車流通業界関係者の皆様におかれまして、旧年中は弊社グループに対しまして、多大なるご協力とご理解、温かいご支援を賜りましたことを弊社代表として、心から厚く御礼申し上げます。

 昨年は、北陸地方での記録的な豪雪被害(2月)、大阪府北部地域での地震(6月)、西日本全域で甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨(西日本豪雨)などが立て続けに起こり、秋には関西エリアを中心とする台風21号による被害、北海道胆振東部地震といった大災害も全国で連続発生し、自然の脅威を改めて考えさせられました。公益財団法人日本漢字能力検定協会が発表する今年の漢字にも、まさにこの「災」(わざわい)が選ばれるなど、自動車業界だけでなく、日本全体が災害に翻弄された一年でした。

 本年は「平成」という元号最後の年でもあり、4月30日には現在の天皇陛下が退位され、5月1日には新天皇が即位されます。秋には「即位の礼」(10月22日)と五穀豊穣を祈る「大嘗祭」(11月14日)が行われます。新たな時代の到来とともに、期待感を高めながら、本年を迎える次第です。自動車業界においても本年は「東京モーターショー2019」の開催年です。自動車産業は「100年に一度の変革期」とされる今、各自動車メーカーが発表する未来のクルマが人々を魅了することは間違いありません。ユーザーの「自動車」に対する期待感も高まることでしょう。

 こうした記念すべき年に、弊社は創立30周年の節目を迎えることが出来ました。弊社が最初に立ち上げたオートオークション(AA)会場であるKCAA福岡会場が今年4月で30周年を迎えます。弊社の歴史は30年前、九州地区に企業系AA会場が存在しなかった時代、先駆者として未知の領域だったAA事業に参入したことから始まります。今ではKCAA南九州会場、KCAA山口会場、KAA京都とグループ4会場を運営出来るまでに成長することが出来ました。
 創立からこれまで、会員の皆様の温かいご支援やご協力、USSグループ様をはじめとした外部接続提携先各社様との連携強化のおかげで、進化する中古車流通業界で皆様とともに歩むことが出来ました。

 弊社グループでは本年も引き続き、会員の皆様の利便性向上やビジネスに役立つ取り組みを実践し、皆様の中古車ビジネスを盛り上げてまいります。今年4月の本格リリースを予定しております「四輪牧場九州」では、九州エリアを中心とした会員の皆様のご商売をサポートすべく、会員の皆様の在庫車両を登録出来る「共有在庫システム」を中心に、販売管理や在庫管理などを総合的にカバーするシステムを提供致します。AAとの連携も円滑な総合管理システムです。
 AA事業の活性化はもちろん、こうした会員目線の取り組みを強化することで、会員の皆様のご商売をサポートし、AAと共有在庫の両面で、皆様が安心して取引いただける環境を整えてまいります。

 こうした会員サービス強化と合わせ、創業以来、継続展開する環境保全・社会貢献活動にも注力してまいります。2016年春に立ち上げた「KCAA南九州・エコの森」事業は、地元えびの市などと協定を結び、隣接する山林を整備、地域の皆様と共に、桜の苗木を植樹したものです。こうした地域社会への貢献や地域の皆様への還元は、企業として大変重要な役割であると、改めて深く感じており、今後も積極的に展開してまいります。

 本年も役員、社員一同が一体となって、会員の皆様や業界関係者様、地元の皆様に愛される企業を目指してまいります。引き続き、KCAAグループへの温かいご支援とご愛顧を何卒宜しくお願い申し上げます。